本文へスキップ
RH750 は、既知の RH450 と同サイズの筐体に 750 W/1200 W ピークのパワーを秘め、TC Electronic の提唱する「ベースアンプ2.0」のコンセプトを軸に、ベーシストを機材のセッティングから解放して、演奏に集中できることを支援します
RH750 は 3 つのユーザー?メモリーを記憶させることができますので、ベースを持ち替えるなどの場面にも余裕で対応します。
RH750 はチューナーを内蔵しています。いたってシンプルな発想でありながら、一度経験すれば手放せなくなる機能の一つです。RH750 のチューナーは常時オンで、曲間で素早くチューニングを行えます。
TubeTone は、その名称通り、ビンテージの触感を与えます。微量ではサウンドにチューブの温かみを与え、そして設定を上げていけば歪みが増していき、フルテンではインパクトあるチューブ?オーバードライブ?サウンドを得られます。
RH750 にはトーンを緻密に、かつ多面的にコントロールするための様々なツールが用意されています。トーン形成の主となるツールは 4 バンド EQ で、ベース/ロー?ミッド/ハイ?ミッド/トレブルで構成されます